柳川城址

柳川市大字本城町88の2番地

三柱神社拝殿

学校のグラウンドに隣接した、高さ2,3mの斜面を登ると平坦地、中央の大木の根元に地蔵さんが置かれています。

柳川城は永禄年中(1558~1569)、蒲池鑑盛によって本格的な城として造られたもので天然の要害である。

水の利を充分にいかした平城で堀をめぐらし、扉の開閉によって城内の水が増減できるようになっていた。

鑑盛の子 鑑連に至り、天正8(1580)年、龍造寺の数か月に及ぶ攻撃に耐え柳川城攻略を挫折させた。

翌年、龍造寺により佐賀で謀殺され、その一族もすべて殺害され応永以来の蒲池一族は滅亡した。

天正12(1584)年、大友勢の筑後攻略では柳川城に対して、なにもできなかった。

天正15(1587)年、立花宗茂が豊臣秀吉の九州平定の時、その功で筑前立花成から19歳で当地に移されたが、

慶長5(1600)年、関ヶ原の戦で西軍に味方したため在柳わずか13年で解任された。この後に岡崎城主、田中吉政が筑後一円32万国の領主として入国し、柳川を居城とした時、石垣を更に高くし天守を築き従来よりも防備を厳重にした。

戦国動乱の2度に及ぶ攻撃にも陥落しなかった本城は、ここで、いよいよ天下の名城としての名声をたかめた。

当時、人々が「柳川3年、肥後3日、肥前久留米は朝茶の子」と言ったのは柳川城の堅固さを如実に物語ったものといえる。

元和6(1620)年、田中吉政の子、忠政に後継がなく断絶したので奥州棚倉1万石から12万石の領主として立花宗茂が再度当地に入国した。以来明治維新を迎えるまで250年間、立花藩の居城だった。

明治5(1872)年、正月18日夕刻、火を発し慶長以来威容を誇った天守閣も一夜にして焼失した。

石垣については、明治7(1874)年の大風により湾岸堤防が決壊したため、その補強に転用された。

昭和3(1928)年、の開田後、柳川商業高等学校(現在の柳川高等学校)、柳城中学校が建てられ現在は柳城中学校の一隅に小丘と石垣を残すのみとなって。

今は古城を偲ぶ面影はさらになく、わずか開田を免れた天守閣跡のみとなり、時代の要請にこたえたとはいえ、往時を回顧すれば興衰のはげしさを物語るものといえよう。

柳川市教育委員会

天守閣は、約8mの石垣の上に築かれ、5層からなり、高さは約35mであったといわれています。本丸・二の丸の外周には城堀がめぐさられ、現在、一部は川下りコースとして利用されています。

During the period of Eiroku(1558-1569), the original Yanagawa Castle was built by Akimori Kamachi, After the fall of Kamachi family in 1587m Muneshige Tachibana became the master of the castle.

After 1587, the castle was granted to the lord of Okazaki, Yoshimasa Tanaka who was appointed as the ruler of the Chikugo district, and was rebuilt to be a modern castle with a castle tower. The five-storied castle tower was about 35 meters high, standing on 8-meter-high stone walls. Around the donjons, there was a moat and now touring boats are running on it.

The castle which had survived the harsh period of civil war was well-known as a great castle taking advantege of the waterway.

After the Tanaka family died out, Muneshige Tachibana came back again. Since then, it had been the Tachibana family's home castle until the Meiji Restoration.

In a fire which broke out on January 18, 1872, the castle burned down, and its stones walls were taken away for a different use. Part of the original walls were been left in the corner of the playground of Ryujyo junior high school and serves as reminder of their former dignity.

(Designated as a cultural asset of Yanagawa City in May, 1978)

資料:現地の解説板


城址に立つ解説板

城址の北方には川下り(内堀コース)の堀に沿った水辺の散歩道(日本の道百選)があり、日吉神社付近は静かで、ゆったりした気分で水と緑が楽しめます。

また、弥兵衛門橋~山王橋~高門橋の周辺水辺には、田中吉政公像・長谷健文学碑をはじめ多くの碑があり、ゆっくり歩くコースとして特におすすめです。


田中吉政公之像


長谷健文学碑(書:火野葦平)


日吉神社そばの船着き場

home