どろつくどん

山車の大競演会は10月9(日)午後7時頃から(2011年記録)
会場:京町第二駐車場

京町三の山車が会場入り 他の山車が来れば、観衆も増え、5台全部が揃うと、満杯になりました。

午後7時 (開会式:柳川市長・・)

琴奨菊の新大関誕生を祝い、大関の父の挨拶、鏡開き・餅まき・・・。

演技開始

京町三丁目・飛龍どろつくどんの会・蟹町・上町・保加町の演技(撮影位置等の制約で使える画像が多くありません。)

完全に身を乗り出していますから、後ろで支える人も大変です

猿面は身軽で、山車から降り、近くの幼児にちょっかいを出して泣かせたり、会場を笑わせたり、人気者です。

***

会場で見かけた白の法被姿の集団は、応援に駆け付けた三池の方々でした。

昔、柳川藩の領内だった地域があり、お祭りでは立花藩の紋が使われるそうです。

震災後「絆」という言葉に接することが多くなりましたが、むしろ「御縁」とあらわした方がスッキリするようで、「御縁」を大事にすることが必要だといった話をしていました。

京町三で山車の誘導等を担当されて「仕事を休んでもこの祭りには参加する」とおっしゃる方や、久留米の税理士さんとお話しする中、「金に換算できない地域の人のつながりの大切さ」祭りの持つ役割・はたらきの大きさに気づかされました。

踊り山も賑やかに巡行・・・

山車が去った頃、鐘、笛、太鼓と踊りで華やかな踊り山が、
祭の余韻を残して過ぎて行きました。

京町三丁目の皆さん、あわただしい中でも丁寧に教えていただき、大変ありがとうございました。
今回初めてでしたので、次回は踊り山や他の山車も取材の予定です。

home