北原白秋生家歴史民俗資料館(白秋記念館)柳川市沖端町

白秋生家前面
白秋生家説明板

Kitahara Hakushu BirthplaceMunisipal Folk Museum

Hakushu Kitahara was born on January 25, 1885 at Okinohata in Yanagawa City into a family of sake brewers.

He studied at Denshukan Junior High School(today the senior high)and was admitted to Waseda University, faculty of English.

Under the pen name Shasui, he together with Bokusui Wakayama and Sosui Nakabayashi were known as "The Three Waters of Waseda" for the common character in their names("sui", meaning water).

His fame was made in 1909 with the anthology "Jashumon", though it was the publication two years later of the instantly-acclaimed "Omoide" that firmly ensconced him in the pantheon of modern Japanese poets.

Hakushu's university papers and other personal effecs are on public display at his home, which was partially destroyed by fire in 1901 and restored in November 1969 by the Hakushu Kitahara Birthplace Preservation Society.

In 1985 the Hakushu Museum of history and folk arts was opend in the compound to commemorate the sentennial of his birth.

The Museum, with public exhibits on the history and folk cusutoms of Yanagawa that Hakusyu brought to the world, has become an archive of materials for the syudy ob his life and work.

In October 1868, the Hakusyu Kitahara Birthplace was designated a Historical landmark of FUkuoka Prefecture.

説明の碑より

生家の左手側、道奥に詩碑苑があり、矢留大神宮・六騎神社・母校矢留小が隣接している


明治18(1885)年1月25日
北原白秋は柳川市沖端で、この地方きっての醸造高を誇る北原酒造のトンカジョン(良家の長男)として誕生。(代々、柳川藩御用達で屋号を古問屋(ふっどうや)または油屋という海産物問屋だったが、父の代に酒造業となる)
明治28(1895)年
矢留小学校を卒業。柳川高等小学校入学
明治30(1897)年
高等小学校卒、中学伝習館に入学するが、在校中から父、長太郎の期待に反し、文学熱を高めていた。
明治34(1901)年(16歳)
沖端の大火により実家が類焼
(大火をきっかけとして、一家破産の憂き目に遭い、故郷を棄てた両親は二度と故郷の土を踏むことはなかった)この頃、回覧雑誌「蓬文」を出し、白秋の号を使い詩歌の制作に熱中する
明治37(1904)年(19歳)
中学伝習館(現高校)を中退、早稲田大学英文科予科に入学。号を射水と称し、若山牧水・中林蘇水らと早稲田の三水と称された。
明治39(1906)年(21歳)
与謝野寛の新詩社同人となり「明星」に詩を発表する。
明治40(1907)年(22歳)7月末-8月一杯
与謝野寛は、自分の主催する「明星」に集まった学生4人(白秋・木下杢太郎・吉井勇・平野万里)を引率してキリシタン文化遺跡探訪に出掛け、紀行文「五足の靴」を東京二六新聞に連載した。この時、行きも帰りも白秋の実家で歓待を受けている
明治41(1908)年(23歳)
新詩社を脱退、木下杢太郎らと「パンの会」を起こす
明治42(1909)年(24歳)
処女詩集「邪宗門」を出版
明治44(1911)年(26歳)
「邪宗門」に続いて第二詩集「思い出」が上梓されるや、上田敏の激賞を受け、「文章世界」の「文界十傑」の投票で「詩人」の部で一位となり、詩壇に確固たる地位を築いた。
大正5(1916)年(31歳)
この年の7月から約1年間、市川真間より小岩村大字三谷(現在の北小岩8丁目)に「紫煙草舎(しえんそうしゃ)」と称した土手の上の家に移り住んだ。(市川国府台里見公園の中に復元保存されている。)
昭和36年、地元小岩町の白秋愛好家の手により、北小岩8丁目、八幡神社の境内に歌碑が建てられた。
江戸川区のサイトより引用しました)
(「紫煙草舎」は江戸川土手の上、現在の京成新柴又駅から7~800m、ほぼ東に位置していたようです。)
大正7(1918)年(33歳)
鈴木三重吉の創刊した「赤い鳥」で、新しい童謡を提唱、児童自由詩の運動を起こす。
大正12(1923)年(38歳)
「詩と音楽」(6月号)、前橋の萩原朔太郎(37歳)を訪問、「鵞ぺん」に掲載。画像高校物理講義ノートとつれづれの記より
昭和3(1928)年(43歳)
7月に大阪朝日新聞の委嘱により太刀洗から大阪へ芸術飛行をする。その前に郷里柳川の空を飛び、20年ぶりに帰郷。
昭和5(1930)年(45歳)
南満州鉄道の招きで40日ほど満蒙を旅行、八幡製鉄所歌作成のため1か月ほど帰郷
昭和10(1935)年(50歳)
三菱造船所所歌作成のため、1か月ほど長崎・柳川に帰郷。
昭和16(1941)年(56歳)
福岡日日新聞社文化賞を贈られ、受賞のために帰郷、九州各地を巡歴。5月、芸術院会員となる。
昭和17(1942)年(57歳)
11月2日、東京杉並の自宅で腎臓病のため逝去

母方の祖父は熊本県玉名郡関外目の素封家、石井家当主、業隆(蔵書家、読書家で横井楠南の流れをくむ学者肌の人)、その石井家の影響があったと思われる。

後年、白秋は、愛読書に、アンデルセンの「即興詩人」「旧約聖書の詩篇」、大槻文彦の国語辞典「言海」を挙げている。


生家は、明治34年の大火で大部分が焼失したが、昭和44年11月、「北原白秋生家保存会」により復元。白秋の文学資料や遺品を展示し、一般公開。

昭和60年、白秋生誕百年記念事業として敷地内に歴史民俗資料館(白秋記念館)を開館。柳川の歴史・民俗から白秋の世界までを展示室ごとに構成した資料を公開し、白秋を理解する上でも欠かせない資料館となっている。

北原白秋生家は、昭和43年10月、福岡県史跡に指定された。

資料:北原白秋生家・柳川市歴史民俗資料館

home