吉野山狐忠信初音乃鼓
(よしのやまきつねただのぶはつねのつづみ)

2014年9月21・22・23日

全5景


千秋楽・開演前の屋台

重要無形民俗文化財「八女福島の燈籠人形」について

燈籠人形は延享元年(1744年)に八幡宮放生会に奉納された人形の燈籠が始まりで、当時はいたって簡素な設備をなし燈火を点じ飾人形を陳列奉納したものであったが、明和9年(1772)初めて人形が動くようになった。(飾付人形から棒、糸によるカラクリ仕掛けの人形を動かすようになった)。

燈籠人形が郷土の民俗芸能として高く評価されるのは古い伝統だけではない。豪華な二階建の屋台が一本の釘や鎹(かすがい)も使わないで自由に組立て解体ができるようになっていて、この屋台の中で囃子にあわせて人形をあやつるもので、糸や人形遣いの姿は見えないのが特徴であり、全国に例がないとされている。

屋台が出現したのは明和年間(1722年頃)といわれ、現在のようになったのは天保年間(1835年頃)である。

この屋台の二階には囃子方15人、人形遣いは遣いが東西それぞれ6人、計12人、下遣いは人形一体に6人を配し、その他背景係等総勢40人から50人が出演、囃子方の地唄につれて人形が踊るのである。
屋台の壮麗美と人形が舞うカラクリの精巧さは、まさに優雅で嘆賞久しうするものである。

八女福島の燈籠人形保存会

 
  • 関節部分は鯨の髭をバネとして利用しているとのことです。
  • 戦前までは氏子町11町内がそれぞれ屋台を持っていたのが、当番制で奉納上演するようになり、現在では福島校区23町内で作られた保存会を結成して受け継がれています。
  • 屋台は高さ8m・間口14m・奥行きの6m、総漆塗り・組立式で釘や鎹(かすがい)を使用せず。(これらの技術がこの地の伝統的特産物である仏壇仏具と関係していると思われます。


1回の上演時間は30分ほどです。

「送り渡し」:橋は左右から半分づつ出ている。
静御前(人形)は右から橋を渡り、左側へ移動。
(右側の下遣いから左側の下遣いにバトンタッチされます。

  • 横遣い人形:静御前・腰元・・・・・・・・・・(舞台の左右からの9本長い棒で操作)
  • 下遣い人形:狐忠信・鼓の藤太・・・・・・・・・・(舞台下から操作)
  • 飾り人形:源九郎判官義経・小姓・・・(動かない)

「衣装の早代わり」:縫製の工夫で、一瞬で人形の衣装が変わります

「背景」:背景の幕が場面変換に伴って次々に落とされます(全5景)

鼓の藤太

解説

平家追討後、頼朝の不興をかった義経は、朝廷から院宣と称して「初音の鼓」とともに兄頼朝を討てという命を受け、やむを得ず鼓は受け取りますが、後を慕う静御前に鼓を与え、ちょうど現れた佐藤忠信に静の供を頼み、吉野山へと落ち延びて行きました。
やがて、義経のもとに静の供をしてきた忠信と、本国から駆けつけたもう一人の忠信が現れました。
義経は、どちらが本当の忠信か鼓を打って見分けるように静御前に命じ、静の供の者は、実は鼓の皮となった親狐を慕ってついてきた子狐だと知りました。
延享4年、竹田出雲らで作られた「義経千本桜」4段目の原作に常磐津「道行初音旅」を加味して描かれた5景の物語です。

当日配布された解説より引用しました。

狐が登場して宙吊りが始まる前から、子供たちが風船を待ち構えていました。
人づての話では、九州産業大学の学生さんが、背景の一幕を作成したとか。
また、後継者育成のために子供たちが参加し、関わり始めたようなことも聞きました。
こういったことは時間の掛かることだけに、早くから手を打っていなければ、このような伝統の存続が危ぶまれることになります。


会場が予想外のアクシデントで笑いに包まれました。
鼓の藤太だと思いますが、大体が周囲と違って、身振り手振りがせわしないので気になるのですが、演技の途中で頭に付けた笠がずれてきて、顔を覆ってしまいました。
どうするのかなと見ていたら、最後に手や体を振ってイヤイヤをしていて、気が付いた人は笑っていました。楽しいアクシデントでした。


千秋楽は夜8時30分から、のんびり構えていたら、人出も多く、市役所の駐車場もほとんど満車でした。

home

(会場でいただいた資料から引用しました。)