春景色筑紫潟名島詣
(はるげしきつくしがたなじまもうで)

2012年9月21・22・23日


福島天満宮(八女市)

重要無形民俗文化財「八女福島の燈籠人形」について

燈籠人形は延享元年(1744年)に八幡宮放生会に奉納されたのが始まりで、当時はいたって簡素な設備をなし燈火を点じ飾人形を陳列奉納したものであったが、次第に改良され飾付人形から棒、糸によるカラクリ仕掛けの人形を動かすようになったものである。

燈籠人形が郷土の民俗芸能として高く評価されるのは古い伝統だけではない。豪華な二階建の屋台が一本の釘や鎹(かすがい)も使わないで自由に組立て解体ができるようになっていて、この屋台の中で囃子にあわせて人形をあやつるもので、糸や人形遣いの姿は見えないのが特徴であり、全国に例がないとされている。

屋台が出現したのは明和年間(1722年頃)といわれ、現在のようになったのは天保年間(1835年頃)である。

この屋台の二階には囃子方15人、人形遣いは横遣いが東西それぞれ6人、計12人、下遣いは人形一体に6人を配し、その他背景係等総勢40人から50人が出演、囃子方の地唄につれて人形が踊るのである。
屋台の壮麗美と人形が舞うカラクリの精巧さは、まさに優雅で嘆賞久しうするものである。

八女福島の燈籠人形保存会

 

体の関節部分は鯨の髭をバネとして利用しているとのことです。

上部、右側から橋が出ていますが。下の画像のように左からも橋が出てきて弁財天(人形)は右から橋を渡り、左側へ移動します。
(右側の下遣いから左側の下遣いにバトンタッチされます。

*

舞台右手から金財童子が出てきて踊ります。

*

橋の上で踊る弁財天は左右の「横遣い」が操作しています。
ごく自然に踊っているように見せるためには、操作している人たちの呼吸がぴったりと合っている必要があるのです。

あらすじ
弁財天をあつく信仰する大名主従が、筑前名島神社にお参りしました。
らんまんと咲き誇る桜の花は、名島の御社を薄紅に染めあげ、筑紫の国はいま春たけなわです。
とある茶店で盃を傾けていた大名主従は、あまりの春の美景に思わず盃が重なり、うとうととまどろうちに、夢の中でどこからともなく現れた舞姫姿の弁財天は女中と側近十五童子のひとり金財童子を連れています。
西公園、箱崎八幡宮、千代の松原、最後に名島の御社に舞い降りて、散りしきる桜吹雪の中で、弁財天と金財童子は心ゆくまで舞い遊ぶという情緒あふれる夢物語りです。

(パンフレットより)

*

右手前には後見役の男の子が座っています(後幕の裏には母親が控えて、時間が来ると子供を交替させています。

舞台左にも同じように、後見役の子供がいます。

*

雨模様になり、撮影は難しくなりました。
皆さん、傘を差しながら、熱心に見ています。

*

演題・内容が縁起の良い話のようで、毎日の営みに追われながら暮らしていた昔の人たちは、このような題材を好んだのでしょうか?
この子も父親に抱かれ、夢の中で吉祥天に出会っているのでしょうか?あまりに寝顔が可愛いので・・・

*

ここは柳川藩の支城で江戸時代に廃城となった福島城の城跡にあたるらしく土手の石を利用した観客席とその上の参道は、舞台との位置関係が非常に良くて、うまくできていると、いつも感心しています。
往時は、ここの境内に2つの屋台があったこともあるようで、その時はどんな賑わいだったのでしょうか。 

home