笠原ヤマメの会

鰐八ヤマメの会

12月16日、会合を取材。少子高齢化・過疎化の波の中で、人の和を大切に活動されています。
地域の人たちの連携から生まれた活動が展開し発展するのが楽しみです。

���l�֐��������u�R�̐_�v���K

「山の神」の祠(昔は女人禁制)水源左手、湧水のタンク(笠原地区の水道として使用されています。その下にある2つの水槽でヤマメを養殖しています)

笠原地区鰐八・旭座人形会館から700mほど道を上ると、昔から祀られている「山の神」の祠があります。

「山の神」の湧水(年間を通して水温が15~16℃とヤマメに最適です)を利用してヤマメを養殖するようになって8年目ですが、おかげさまで味も好評です。

毎年6月中旬に稚魚3500匹を購入し、1日2回のエサやり等の世話をメンバーが交代で行っ-ています。

秋、25cm位に成長したヤマメを販売しています。(生:1匹200円。塩焼き:300円)


以下のイベントでも出店販売を予定(年により会期・時間等変更になる場合があります。)

  • 10月24日:ヤマメ祭り(南笠原ふれあい広場)
  • 11月2日:旭座人形芝居上演に協賛(人形会館横広場)
  • 11月20日:笠原まつり(会場:霊厳寺そばの「きのこ村」時間:10時~16時頃)
  • 12月27日:黒木大市(会場:旧JR矢部線黒木駅跡 時間:10時~15時頃)

ヤマメは塩焼き以外にも、ヤマメごはん、甘露煮・刺身・天ぷらなども大変おいしいです。

ヤマメの塩焼きを作るメンバー

近郊で出店ご希望等があればご相談ください。℡080-1797-8072(溝田)

製作kurumenmon.com