五条家

「御旗まつり」

(2009年9月23日 八女郡黒木町大渕)

祖先を祀る行事が毎年催されています。
バスの予定で、式の途中、庭に入り、途中で退席しましたが、前から準備に関わられている地元の方たちを思えば、申し訳ない気持ちになりました。

座敷前の庭には参列者・・。子供達の奉納する公卿唄

  • 一、こちの座敷は 祝いの座敷 鶴と亀との 舞い遊ぶ
  • 二、鶴と亀とは何して遊ぶ末 は繁盛と 舞い遊ぶ
  • 三、若松さまよ 枝も栄ゆる葉も茂る。
  • 四、さすは大黒、あがるは恵比寿想いに

  • (上左)大原合戦で使用された鎧兜
  • (上右)後醍醐天皇により五条頼元に下賜された「征西将軍のみしるし」金鳥の御旗(670年前のもの)
    (金鳥=きんう:太陽の異称、太陽の中に住んでいるという想像上の鳥で、この旗を賜った時「五条の姓」「菊桐の紋」「御剣」を賜る。剣は現在なし。)
  • その他:
    • 国指定重要文化財の五条文書 369通 17巻、
    • 後征西将軍良成親王ご遺品として具足、籠手、脛当、陣中の手鏡
  • 五条頼元着用の甲冑【正平14年(1359)・8月大保原の合戦(筑後川の合戦)の激戦を物語る矢痕のあとが残るという。
    (この時、征西将軍(懐良親王) 31歳、菊池武光38歳、五条頼元70歳】

室内に掛けられていた額「五条頼元卿」

(1)延元元年 秋9月 比叡の仮の宮居にて 受けし勅を身にはしめ 宮を戴き征西の  御戦を扶けまつらむと 下るは五条頼元卿
(2)南風競はず先帝の 遺詔を受けし胸如何に 或は帷幄の臣となり 或は野戦の将となり 宮に仕へて筑紫路の 鎮となしぬ征西府
(3)西の吉野と仰がれし 花も紅葉に うつろひて 矢部の秋風寒けれど 操は堅し高屋城 勲功伝えて菊柳の  御紋の香り世に高し


展示されていた(屏風絵らしいものの複製)一部
戦の合間に水を飲んでいる様子が描かれています。


中央が五条家、右の高木が北白川宮能久 親王殿下 御手植桧

「明治26年北白川宮能久親王殿下 御側御陵 御参拝の節 当邸に御宿泊 御手植の桧、根廻九尺」

五条家は清原氏の一流で、代々明経道を以って朝廷に仕えた公家だった。

五条家始祖、頼元は後醍醐天皇の御信任厚く、延元元年(1336)皇子、当時7,8歳の懐良親王が征西将軍に任ぜられて鎮西下向の時、勅命により親王の補佐のために随従、親代わり、学問の師として教導扶育につとめたが、
足利氏追討の軍務を補佐して各地を転戦、正平22年(1367)筑前三奈木で没した。享年78歳。

2代:良氏・3代:良遠・4代:頼治・5代:良量、父祖の志を継ぎ、矢部を本拠にして忠誠を尽した。 南北朝統一後も、矢部の有力な土豪として勢力を保持し、戦国時代には当時九州で一大勢力を誇った豊後大友氏に属し、12代鎮定は武将としても名を挙げていた。天正15年(1587)秀吉の九州平定にあたり、領地を取り上げられたが、大友義統の好意で豊後玖珠に移住→加藤清正に500石の知行で招かれ八代に転住。清正の没後14代長安は立花宗茂に客分として仕え、寛永3年(1626)旧縁の地である黒木に定住する。

=======================================

明治期の初頭、ここを訪ねた江崎済たちは、五条家の紹介で桑取藪に身をひそめます。

=======================================

home

戻る