陸軍 大刀洗飛行場

歴史(2)


戦後、飛行場跡地、東端にできたキリンビール工場を、飛行場の規模を知る手がかりとして載せました。
第二次大戦中、大刀洗駅での1日の乗降客は1万人を越えたという。


地下指令壕跡(キリンビール工場東南方向)
見方によっては緑の帽子を被った家のようです。

日本本土の空襲

B29爆撃機(「超空の要塞」(スーパー・フォートレス)と呼ばれる)が、初めて日本を空襲したのは昭和19年6月16日だった。中国四川省、成都を発進し八幡製鉄所がある北九州工業地帯を襲った。B29の性能は航続距離、4500kmだが、それでも成都から北九州への空襲が精一杯だったといわれる。

やがて米軍がサイパン・グアム・テニアンなどマリアナ諸島を占領してマリワナ基地がB29の発進基地となると、同年11月から東京を手始めに本土空襲を本格化した。

掩体壕(航空機格納)

個人の敷地、昭和20年建立の掩体壕(航空機格納)出入り口側、今は農機具、軽乗用車を収納。
右は壕上から出入り口側方向を撮影。コンクリート厚は30cm程度(飛行場と北飛行場の中間地点付近)

掩体壕はキリンビール工場東にもあったようです。


第1回太刀洗空襲

昭和20年3月27日 米軍は沖縄上陸作戦(4月1日)の支援を目的として、大刀洗基地は初めてB29編隊の波状攻撃を受けた。

米軍側の記録では、

第21爆撃兵団は「1945年(昭和20年)3月27日、保有する戦力の三分の二で太刀洗飛行場を、残りの三分の一で大分飛行場を昼間、中高度爆撃すべし」との命令を受けた。

・・・・・・・・・・

太刀洗爆撃には、参加機数74機。発進地はサイパン島アイスリー基地。発信時刻2時14分。硫黄島上空で終結完了の時刻6時20分。爆撃開始10時40分。終了11時5分。 投下爆弾は227㎏破壊用爆弾、各機14発搭載。攻撃目標は飛行場北端の9棟の飛行機格納庫と修理工場だった。全機帰還した。

(米軍側は迎撃する日本軍戦闘機が200機位はあるだろうと予測していたらしいが、実際には、散発的に体当たり攻撃などをおこなったに過ぎないらしい。)

サイパン基地を3月27日午前2時14分、離陸開始。大分飛行場爆撃に向かうB29と合わせた120機の離陸完了までに1時間10分を要したという。
→硫黄島→佐賀関→杵築町で西に針路を変更
(10時28分)B29・74機の編隊は太刀洗へ向かう

・・・・・・・・・・

機長 30m 機幅43.1m 機高 8.5m
主翼面積:161.5㎡
ターボエンジン 2200馬力が4基
最大速度 585km/h(高度7600mで)
自重:33.8t
全重量 約60t
航続距離 9350km  乗員 11名

B29の編隊が、大刀洗で、実際はどのように見えていたのでしょう・・か。
B29を見上げた人の目線を考え、左右を反転してみました。
参考資料:「太刀洗飛行場物語」桑原達三郎著

概算で70機を間を詰めて横7列に並べるてみると、
横幅 43m(1機の幅)×7機=301m
縦 30m(1機の長さ)×10機=300m
各機の周囲に数十m以上の空間が必要です。
また飛ぶ高さが高いほど小さく見えますが・・・これ以上は想像できません。


午前10時頃、警戒警報発令。ラジオが「B29の編隊は豊後水道を西進中」と伝えていたが、人々は「どうせ、どこかの町に行くんだろう。大刀洗には来きらん。飛行機があるけん」と、悠長に構えていた。

空襲警報のサイレンが鳴り響いた時には、B29の編隊は、すでに太刀洗の上空に来ていた。

「ザーッ」という爆弾の風を切る音に続き、耳をつんざく炸裂音、地鳴り、ごう音、基地周辺の人々は、耳を押さえ地に伏し、初めての空襲にふるえ上がった。

飛行場格納庫、航空廠の機体整備工場、航空隊本部、兵舎などが爆破され、すべての大型建物は使用不可能となる。周辺民家も被弾。

南方基地へ中継のため駐機していた爆撃機など46機も破壊・炎上してスクラップになった。

航空廠だけで死者125人、基地内の軍人・軍属・工員・周辺の民間人合わせた犠牲者は約1000人に達するともいわれるが、当時の報道管制と終戦当時の軍の資料焼却で、正確な数は不明。

西部百部隊だけは130名という確実な記録が残る。

陸軍飛行第98戦隊(本拠地は鹿児島県鹿屋)の戦死者:傷痍2名、戦死16名?(見習士官2名、曹長2名、軍曹2名、伍長2名、兵長2名、上等兵3名、一等兵5名)

第2回大刀洗空襲

第1回空襲から4日目の3月31日、B29(106機)が再び大刀洗基地を爆撃。同日大村をB29(43機)が爆撃

10時頃警戒警報 敵機はほぼ第1回目と同じ行動

攻撃目標は太刀洗航空機製作所工場(約30万㎡)と第五航空教育隊(西部百部隊)で死傷者は20名以下。一面に爆弾の跡(直径8m、深さ3m前後)ができたという。

B29が70機来襲。1696発を投下、90%が構内に落ち、工場は完全に破壊された。大刀洗製作所だけで600以上の爆弾跡があり、時限爆弾や焼夷弾も投下した。

この2回目の空襲で軍事施設は爆破・炎上し、大刀洗基地はほぼ壊滅、その機能を失った。

空襲の恐ろしさを知った隊員・工員・動員学生たちは、警戒警報と同時に、飛行機の掩体壕や三角兵舎があり、至るところにたこ壺が掘られていた花立山麓へ逃げ、それを見届けたかのように一帯も空襲を受けた。花立の集落は16軒の民家と薬師堂が焼失、5人が死亡、干潟の一里木付近では住家3軒が焼けて4人、赤松病院でも爆弾で患者3人が亡くなる。
2回目の空襲は避難が早かったものの、200~300人(実数不明)が死亡したという。

2回目の空襲後、太刀洗基地の隊員たちは中隊単位で、立石、小郡、御原など周辺の各国民学校教室を兵舎代わりに使用した。特別攻撃隊隊員は2~3人に分散して立石村などの旧家に疎開した。

甘木市出身の戦死者数1873名(昭和7年頃の人口の4.4%)

*)「キー67(飛龍・靖国)」について
制式名称「四式重爆撃機」(三菱製の日本最後の双発重爆撃機)
初号機完成:17年12月・生産機数606機
全幅22.5m、全長18.7m、全高5.6m、全備重量13.8t、燃料3886?、1900馬力発動機2基、火器5挺
最大時速537km/h、航続距離3800km、離陸距離700m、着陸距離440m、搭載爆弾重量1t、通称を陸軍では「飛龍」、海軍では「靖国」と呼んだ。
陸軍飛行第98戦隊所属のキ-67の尾翼には黄色で番号が表示されていた

その後の大刀洗と周辺の空襲

戦況の推移:

4月1日 沖縄に上陸した米軍に対して本格的な特攻攻撃が開始された。
特攻戦死者2500名を上回り、大部分が沖縄の海に散る。(艦船26隻を沈め、164隻を損傷させた) 
4月12日 131機の特攻機が沖縄周辺に散った。
4月17日 飛行第62戦隊:四式重爆「飛龍」による特別攻撃の部隊、出撃
4月20日 特攻機(62戦隊の「さくら弾機」直径2mの椀型爆弾を搭載したキ67の改造特攻機)出撃

米軍は、続行中の沖縄作戦を支援するねらいもあって、九州の特攻基地や中継基地を攻撃目標に、B29の大刀洗空襲が相次いだ。4月17日の第3回、4月18日の第4回に加え、大分沖にいた航空母艦の艦載機グラマン、米軍占領下の沖縄基地から来たP38P51(Wikipedia)などの戦闘機が、大刀洗や小郡の上空を飛び回り、警報のサイレンが鳴らない日はなかったという。

グラマンやP51は軍事施設の他、西鉄大牟田線や甘木線の鉄道施設も襲い、電車から逃げる人々にも急降下して銃撃を加えた。
昭和20年7月28日、干潟の松岡酒造所(現・料亭「とびうめ」)にロケット弾が命中、屋根を突き抜けて酒樽の中に落ちたが警防団の活躍で火災は免れた。
同じ日、西鉄大牟田線津古駅そばの民家が銃撃され、家は全焼、女子児童1人が亡くなった。付近で電車の乗客2人も即死した。

昭和20年8月8日の昼頃、西鉄大牟田線筑紫駅に滑り込んだ上り・下りの電車が数機の米軍機による攻撃を受けて64人の乗客の命が奪われた。
下り電車はほぼ満員の約200人、上り電車は約20人の乗客が乗っていた。

天井の銃弾の生々しい駅のホームの待合所は筑紫公民館に保存されている。

*)1945年(昭和20年)8月5日、東京都南多摩郡浅川町(現.八王子市)の、
国鉄中央本線、湯の花トンネル付近で
新宿発長野行き中央線下り電車を米軍艦載機P51が襲撃。
よく晴れた暑い日、八王子空襲で不通だった中央線が4日ぶりに開通、
乗客は窓にぶら下がるほどの満員電車だったそうです。
この機銃掃射で一般市民(非戦闘員)約180人が死傷。(52人死亡)。
(参考)湯の花トンネル:http://www.kmine.sakura.ne.jp/kusyu/resyakubaku/yonohana.htm

当時、制空権を奪った米軍は、国内、他の所でも銃撃事件を起しているのでしょうか

B29に体当たりした山本少尉機

昭和20年4月18日未明、マリアナ基地を発進した約100機のB29が二手に分かれて南九州と大刀洗を襲った。大刀洗へは約30機の編隊による4度目の大刀洗空襲となった。
午前8時前、小郡上空で3機編隊の後尾機に、機銃弾を撃ち尽くした山本少尉機(山口県小月基地)の屠龍(Wikipedia)が体当たりした。B29は機体から火を噴き、小郡下町に墜落・炎上、大破した山本機は大保の陸軍被服廠福岡支所の建物に突き刺さるように不時着、山本少尉は移送先の久留米陸軍病院で死亡した。

この空中戦は多くの人が目撃した。B29の編隊に、豆粒のような2機の小型機が繰り返し攻撃を加えた。固唾を呑んで見ていると、小型機の1機は被弾、煙を吐いて視界から消えていった。
上昇するもう1機が最後尾のB29とすれ違って見えると、ガソリンに引火したB29の真っ赤な”火の玉”が浮かび上がった。小型機は弧を描くように下降していった。

B29は小郡下町、蒲池病院と国道500号を挟んだ民家の畑に落ち、黒煙を上げてくすぶり続けた。畑の物置下の防空壕に避難中の家族6人は直撃を受けて即死した。B29の搭乗員11人も全員死亡した。うち1人は女性通信兵、1人は少年兵だった。

この空中戦でB29を攻撃して被弾したもう一機は、山口県小月基地(現・下関市)の独立飛行83中隊長・湯木大尉の百式司令部偵察機Ⅲ改(略称・新司偵)(warbirds)で、小郡市と鳥栖市の境の秋光川堤防に落ちた。

湯木大尉は墜落時、天蓋が開かず焼死、後部座席の鈴伍長は放り出され意識不明で病院に運ばれ一命を取り留めた。墜落の時、送電線に当たり衝撃が緩和されたらしい(「小月会だより」平成4年11月1日付)

この空中戦は久留米でも目撃され、久留米から見に行った人は、「地面に墜落したB29の乗組員の死体が並べられていて、中に1人、はじめて見るアメリカ女性兵士の死体だった」という話が残っています。
●「米軍女性兵士が搭乗していた」というのは間違いのようです。白人の肌の白さで間違えたのか、米国も日本と同じ苦しい状況で、女性まで動員していると考えたのか真相は不明です。

また、久留米でも、田で農作業中のお百姓さんや子供がグラマンの銃撃に追いかけられ、櫨の木に隠れながら必死で逃れたという話も聴きました。

北飛行場の滑走路2本(昭和19年3月~20年3月完成)

右:主滑走路(重爆撃機用:長さ1.3km・幅50m)
左:補助滑走路(戦闘機用:長さ1.1km・幅10m)
・・・あたりまえですが、見事にまっすぐ・・・。

菊池武光公像に残る弾痕

菊池武光銅像に残る銃撃跡
大刀洗飛行場空襲で飛行場傍の菊池武光銅像にも銃撃の弾痕が残っています。

(参考文献:「証言 大刀洗飛行場」(筑前町)
「小郡市史第2巻 通史編 第7章」
「大刀洗飛行場物語」桑原達三郎著 葦書房刊)
「筑紫れくいえむ」坂井美彦・ひろ子著 西日本新聞社刊)
「warbirds」のサイト
Wikipedia記事資料

home