石浦大橋


大橋の全景・背景は「みのう山地」

大橋町の町名の由来となった石浦大橋は、江戸時代、久留米城下からの豊後街道が巨勢川を渡る地点に架けられていた石橋です。

この橋は元禄11年(1698)4代藩主有馬頼元の時に造られ、明和2年(1765)7代藩主有馬頼僮の時、橋中央の大きな桁を中心に大修理を行っています。

福岡県内に残る石橋では3番目に古いもので、通称「山北石」と呼ばれる生葉郡山北村(現浮羽町)から産出していた石を使用しています。

昭和50年に県道拡幅工事によって解体されていましたが、石材の修理を行い、手すり以外は造られた当時の方法で300年ぶりによみがえりました。

1998年 3月竣工 (久留米市教育委員会)

***


左:橋の裏側。右:中央部に「明和二乙酉三月」・「桁梁改造之」の文言。

home ・ map