如意輪寺(横隈)

火渡り

毎年1月17日

10:00~本堂にて法要/13:00~火渡り

火渡りの行は、仁和3年(887年)京都の金峯山で、毒蛇を追い払うために理源大師が樹葉をいぶしたのが始まりと伝えられる「柴灯護摩」に起源を発すると言われています。

毎年1月17日、如意輪寺境内では、新年の息災を願う「柴灯護摩・火渡りの行」が行われています。

境内広場の中央に、直径2m、高さ3mほどに積み上げられたヒノキの枝葉を燃やし、その炎の中に僧たちが護摩木を投じ、ホラ貝や太鼓、鉦を打ち鳴らしながら読経を続け、無病息災、家内安全などを祈ります。

ヒノキの枝が燃え落ちた後の灰の上を、僧に続き裸足で歩き、1年の息災と幸福を祈るのです。

仏の「知恵の火」によって煩悩を焼き尽くしてしまうという意味も込められています。

「火渡り」の行は、人々の心を洗い、1年を幸せに過ごすための新春行事として、
地元のみならず県外からも参拝客を集め、年々その数が増えています。