古屋佐久左衛門

高松凌雲の兄

幕末開国論の先覚者古屋佐久左衛門先生は高松虎之助直道(後に與吉と改む)の次男として天保4年(1833に生れ名は智珍、通称勝次と称した

嘉永4年(1852)19才にして単身大阪に上り、最初は医学を志したが、己が性医学に適しないと知り志を転じて江戸に出て刻苦勉励、血の沁む様な勉学の末学友(父かも)の幕臣川勝丹後守の世話にて幕臣古屋氏の養嗣子となった。時に27才、安政4年4月の事で、名を鐘之助のち佐久左衛門と改めた。

先生は一命を幕府の命運に捧げて遂に函館五稜郭に於いて散華した。時に年37才、その壮烈不撓な生涯の行績は明治34年辛丑10月草された大槻文彦博士の古屋君追悼文によって詳らかである。

人の一生と数奇とは予測することが出来ぬ。先生の如きはけだしその典型であろう。

尊王倒幕の軍に伍せず幕軍の将とならしめた。順逆二門の選択は実に境遇と時勢によって決せられることを知るのである。

落日孤城命運まさに尽きんとする徳川の天下を挺身これを支えんとする義憤烈情ついに衝鉾隊を組織して連戦屈せずよく隊員を掌握して北門の五稜郭に拠り榎本武揚を助けて歩兵隊総指揮官となりて遂に骨を碧血碑下に埋めた。

ああ、もし先生をして維新後に生かしめ明治の廟堂に立たしめんかその蘭、露、英、漢の学識死生往来の胆略と接渉、統御の材幹と素朴円轉な資性とは必ずや天下の信望を集めて外交に兵制に経論を発揮したことを知るべきである。

春風秋風百余年を経て今賢兄弟共に故郷生誕の地に還り相対して建碑せられる余栄萬世を照らすと共に、この兄弟二傑を産んだ郷土は勿論高松家の家風を欽仰する次第である。

昭和50年12月 長州中尾正気斎誌

小郡市郷土史研究会
久留米郷土史研究会
古飯区民一同
有志一同

説明文はそれぞれ現地説明板のものを撮影。

19歳、嘉永4年、医を志して大阪に出奔、名漢方医・春日寛平の塾に入るが、医学に向いていないと知り、江戸に出た。
嘉永4年から安政5年、古屋家の養子になるまで、極貧の中で勉学し、漢学・蘭学・数学を学び、剣術その他の武芸も修めた。

彼の苦学の状態を見かねた学友が幕府御家人の古屋家の養子の口を世話した。
彼は明朗快活・豪放磊落で器の大きな人で、養母となる人は、将来有為な人だと惚れ込み養子に迎えたという。(27歳の時)

新婚すぐに英語を学び、その進歩も目覚しく、通訳・翻訳もできるようになった。砲術も購武所で習得したという。
彼の英語力が認められて神奈川奉行所定番役、運上所(税関)に勤め、横浜野毛町の官舎にうつる。
翻訳官も兼ねていたので外人との接触が多く、洋書を読んで外国の知識が増えていった。

元治元年11月、神奈川に設けた幕府英学所の教授方助となった。(教授は宣教師ヘボン、バラ、トムソンだった。)


この頃、横浜の通りで日本人を見下し、理不尽なことをする外人をみると、得意の英語で、相手と交渉し、物事を解決したので、民衆の尊敬の的となった。

薩摩・久留米藩の軍艦購入にも斡旋の労をとったこともあるようだ。

また、横浜居留地保護のために駐屯する英国士官から英国式用兵術を学び、慶応2年「英国歩兵操典」の翻訳出版にも関わった。(洋式兵書出版の始めという)

江戸城護衛のための兵隊の訓練には佐久左衛門が教官となり、ついに歩兵操練の指導者として、歩兵頭となった。

横浜で6年暮らし、外人と交わって外国の事情に通じていた彼の思想は開国主義で、攘夷を主張(後には倒幕を志向)する薩摩・長州に抵抗を感じていた。

(「篠原正一著 古屋佐久左衛門伝p5の途中まで」)

勝海舟が、歩兵第6連隊(兵約600名)と大砲6門を与え「信濃国を与える」と言われて江戸を出た。→館林藩、梁田宿で薩摩藩兵の奇襲に破れたが、→日光口→会津 会津では、幕軍衝鋒隊隊長として西方面(越後口)の守備に加わる。

(「会津白虎隊」著 星亮一)


古飯の出身者:酒井義篤元貞

筑後国では初めて、処刑人の屍を譲り受け最初の人体解剖を行って教授した。
文政6年(1823) 内蔵実景を筆書し「解体図志」と題している。西日本各地に名声が及んでいた。
(「解体図志」の原本は現存せず、写本は財団法人武田科学振興財団に所蔵されているという)

墓は筑後市大字尾島510-1(209号線・尾島交差点近く)共同墓地にあったようだが、整理し納骨堂を建てた時、移動したらしい。

資料1

慶応2年(1866年)4月、幕府は海外渡航を許可した
慶応3年(1867年)
10月13日・14日、討幕の密勅が薩摩、長州に下される。
10月15日、大政奉還
12月09日、雄藩5藩(薩摩藩、越前藩、尾張藩、土佐藩、安芸藩)のクーデターで朝廷を掌握、
王政復古の大号令により幕府廃止と新体制樹立を宣言
12月23日、江戸城西ノ丸の焼失。庄内藩の巡邏兵屯所(江戸市中警備の任務)への発砲事件が発生(薩摩藩が関与したらしい)
12月25日、老中・稲葉正邦は庄内藩に江戸薩摩藩邸を焼討させた。
慶応4年(=明治元年:1868年)
1月元日、慶喜は朝廷に討薩の上表を提出、薩摩藩掃討のため軍勢(幕府歩兵隊・会津藩・桑名藩等)を京都へ向け行軍させた。
1月02日、幕府軍艦2隻が、薩摩の軍艦(兵庫沖で停泊中)を砲撃(事実上の戦争開始)
1月03日、大坂の薩摩藩邸を襲撃、京都の南郊外で鳥羽・伏見の戦いが開始
当時の兵力は、新政府軍が約5,000人、旧幕府軍が約15,000人と言われ、
旧幕府軍には最新型小銃などの装備があったが大差なく、
初日は緒戦の混乱・指揮戦略の不備などのため旧幕府軍が苦戦となった。
1月04日、薩長軍(後に土佐藩も)は正式に官軍とされた
1月06日、慶喜は自軍を捨てて大坂城から少数の側近を連れ海路で江戸へ退却した。
1月07日、慶喜追討令
8月20日、榎本武揚ら総勢2,000余名の旧幕府艦隊が品川沖を脱走、仙台を目指す。
10月12日、土方歳三、衝鋒隊の古屋作左衛門等1000人を収容して仙台藩、東名浜を出航
10月21日、箱館の北、噴火湾に面する鷲ノ木に約2800名が上陸
10月26日、五稜郭を占領、箱館に進軍、重傷の福山藩兵らが残されていたが、凌雲は捕虜を治療して、青森に送り返した。
11月27日、朝廷は、清水谷箱館府知事を青森総督に、
黒田清隆・大田黒惟信を総督参謀に、
山田顕義を陸軍参謀兼海軍参謀に任命した。
明治2年(1869年)
5月11日、土方歳三の戦死
5月12日、古屋作左衛門は五稜郭で新政府軍の艦砲射撃を受けて重傷を負った。
5月13日、高松凌雲と病院事務長・小野権之丞の連名で榎本に降伏を勧告する
5月16日、古屋作左衛門、死去。享年37歳
5月18日、無条件降伏で五稜郭を開城。約1,000名が投降

「精町から佐賀の乱を読む」片桐武男著 佐賀新聞社発行

homemap