山本山普光院

観興寺

(左)観興寺への参道・(右)門内から見た参道

曹洞宗の名刹で、天智天皇の御世、白雉(はくち)年中(650年-654年)、草野太郎常門が豊後国串川山(現日田市)に狩りをし、榧(かや)の木の霊木を得て、千手観音像を彫刻し、それを本尊として当山を開基、伽藍三十六坊を建立したのが始まりといわれています。特に天智天皇により「観興寺」の勅額を賜ったほどで、境内の小池から、大宰府の都府楼と同じ「観興寺」の銘の入った布目瓦が出たことがあり、草野氏の信仰と当時の隆盛がしのばれます。

境内の樹木

寺宝に、鎌倉後期の作と伝えられる「絹本著色観興寺縁起二幅」があり(常門の後裔(こうえい)といわれる草野太郎永常が土佐将監光信に描かせたという)、現在、原画は国立博物館に保存され、寺には、天保11年(1840)に描かれた写図があります。この縁起に伝えられる常門と千手の霊木の不思議な物語は有名です。

山門を入ると、右手に大きな前庭がありその奥に、お堂、庫裏があります。
当日はそのお堂で寺宝、観興寺縁起図を見ることができました。
十二年に一度、御開帳されますが、地元の小学生たちが、縁起図の解説、昔ながらの文章を声を揃えて読み上げてくれます。) 説明に合わせて、その場面を示されます。
子ども達の話を聴きながら、昔から、お寺に伝わる話が伝承されてきたのだろうと思えば、このような行事が後々までも引き継がれることを願います。

堂外は、右手に椿の大木、2本の桜(ソメイヨシノ?と少し緑色味の大輪、田主丸、高山農園のに似た桜。奥の右手に階段があり、その傍には、高島野十郎の墓碑があります。(この孤高の画家は、明治時代の画家、青木繁の友人だった高島宇朗の血縁にあたる人です。)
前日、風が強かったため、樹木も地面も桜で一杯でした。それが縁日と重なったため、桜に包まれた雰囲気の急な石段を上り下りすることで、右のような提灯の赤などとの対比で、非常に美しく映えて印象的です。映画のワンシーンのような、暖かな懐かしさを感じました。

本堂への石段本堂
左階段を上がると、本堂:縁起図にとりあげられている当寺の御本尊、千手観音が祀られています。

石段の提灯
階段の上から見る

***

高島野十郎之墓碑

高島野十郎之墓碑

(1890年-1975年)画家

高島野十郎のお墓はもともと柏市にありますが、昭和50年に野十郎の望郷の思いを汲み分骨されたようです。山の木立に包まれ、閑静な環境にあります。

本名は高島弥寿 字光雄。野十郎は画号。終生独身で孤独の中に身を置き、世の画壇とも一切関わらず晴耕雨描、修行僧に似た孤高の生活を貫いた。その作品は、深い精神性を湛えた独特の写実絵画の世界を創っている。

明治23(1890)年、高島善蔵、カツの四男として御井郡合川村大字足穂(現久留米市東合川町)に生れる。久留米で個人の新体詩集を初めて出版し、画家青木繁とも親交のあった高島宇朗は長兄である。

福岡県立中学明善校(現福岡県立明善高等学校)、旧制第八高等学校(現名古屋大学)を経て、東京帝国大学を主席で卒業。しかし、中学時代以来の芸術への思いは断ち難く、画家を志す。

昭和4(1929)年から約4年間渡欧。ルネサンス期の巨匠やミレーなどの作品に心魅かれたと言われ、藤田つぐ治とも親交を結んだ。帰国後、久留米の生家の一角にアトリエ「椿柑竹工房」を建て、絵画制作にあたる。

昭和10(1935)年、福岡市で渡欧作品展を開催後上京。大戦末期、姉の婚家のある八女郡豊岡村(現黒木町)に居住し、この間、最も多くの作品を制作した。晩年は静寂を求めて千葉県柏市などに移り住み

昭和50(1985)年、野十郎の実弟である重松喜六氏の長男重松善彦氏、長女京都光子氏によって建立されたもので、碑石の文字は野十郎の自筆。

久留米市

home ・ map(みのう北麓)