二日目(7月20日)

お旅所-本宮

夕方の5時頃からお旅所を本宮に向けて出発。獅子が先導します。

獅子

毛槍


2日間、毛槍の人たちは何度この受け渡しをしているのか?

大榊

大榊

風流に続いて出発

出発する御神輿

御神輿-大傘-巫女

巫女さんたち

神主さん太鼓と笛

神主-楽人(太鼓と笛)-後ろに総代が続きます。

神輿にじゃれる赤・黒の獅子。激しくて提灯が落とされて・・・19:45頃

夜間の楼門

7時50分頃の楼門内:すぐに人で一杯になりました。

夜境内の中でのダゴ面

ダゴ面:激しく追いかけて走り回る。夜も元気です。

高く上がった毛槍を受ける

毛槍:

比較的地味な印象でしたが、周囲の喝采の中で毛槍の受け渡し
毛槍を投げ上げる高さ、距離をより高く、遠くして挑戦する。
周囲の観衆も一緒になっての拍手、歓声で盛り上がります。
キャッチすると観衆の大拍手。受け損なっても、大きな拍手。
(夜間で、動きが早く、残念ながら、空中の毛槍と人がブレます。)

御神輿の激しい動き

御神輿も激しく動きます。

2つの獅子が御神輿を出迎えの様子。
この後、抵抗する御神輿(本殿にまだ戻りたくないのです)に、獅子は、楼門側から
「もういいでしょう、お帰りなさい」と本殿に押し込もうとしてもみ合います。

(郷土研究会樋口会長に教えていただきました)

御神輿

ようやく、本殿に御神輿が入り、全日程が終了します。

home