平川家住宅

(うきは市)

前面

(正面)屋根の色、カーブが美しいのですが、残念ながら写真では形がいびつに写ります

正面右

ため息が出たり、届かないのに背伸びして触ってみたくなります。

3棟のうち最奥は納屋ひさし部分

左上写真は屋根上部(後日撮影:色が少し黒ずんでいます)右下写真は下から見たひさし部分。
この厚みと切り揃えられた断面の美しさ。支えている竹と縄、自然の中で暮らしていた人々の知恵。
、茶色の軒の厚みの部分に、周囲より濃い茶色の線が軒下全周に見られます。
説明では、屋根の先端部分(軒先)は経年により萱が傷みやすいので、浸水を杉の表皮で防ぐための工夫だそうです。屋根が美しいカーブを持っているのも、雨に対する知恵から生まれたもの。

納屋台所裏1台所裏2

納屋の棟(正面から左側)  台所裏側 樽や甕にいろんなものを入れて保存。

室内1室内2

室内 右側に縁側。 各部屋の仕切りが外されて、広く感じます。天井は竹で編まれています。

クド1クド2

クドは土間と板敷きの間に設けられています。

クド裏座敷

左奥は台所の出入り口です。  台所板敷きを通して見える座敷

home