天然記念物

「柳坂曽根の櫨並木」(久留米市山本町)

昭和39年5月7日 県指定

18世紀前半から九州各地で栽培されるようになった櫨は、その実が木ロウの原料となり、この地方の特産物の一つでした。

久留米藩もこれを大いに奨励し、竹野郡亀王村(田主丸町)の庄屋竹下武兵衛が享保15年(1730)頃に、藩内で初めて植栽し、寛保2年(1742)には国分村(国分町)や西久留米村(西町)鞍内に植えられました。

その後、「松山櫨」や「伊吉櫨」といった改良種が、筑後一円に広まり、櫨は米に次ぐ主要産物として、藩の財政を潤すようになりました。

柳坂曽根の櫨並木は、この時代の名残りで、秋になると紅葉が美しく、平成6年に新・街路樹百景に選ばれています。

わが国は筑紫の国や 白日別 母います国 櫨多き国

(青木 繁)

久留米市教育委員会