大堰神社 Ozeki Shrine

大堰神社社殿正徳2年(1712)完成した床島堰はこの地方の農業振興に大きな恩恵を与えています。床島用水路(江戸前水路)の分岐点に位置する大堰神社には、大正14年床島堰建設の指導者草野又六及び高山六右衛門・秋山新左衛門・鹿毛甚右衛門・中垣清右衛門・丸林善左衛門の五庄屋をたたえ神社の祭神に加えています。

Tokoshima weir,constructed in 1712, is the source of huge benefits to the growth and prosperity of agriculture in this area. in 1925, Ozeki Shrine (Large Weir Shrine) located at the fork of the Tokoshima imigation channel, added Kusano Mataroku,the leader of the construction, and five lords(Takayama Rokuemon, Akiyama Shinzaemon, Kage JInemon, Nakagaki Seiemon, and Marubayashi Zenzaemon)who contributed to the construction, to the gods that are worshiped that shrine.

(現地案内板より)

*****

樺島石梁による床島用水路についての碑文

神社の境内は広く明るく、狛犬、撫牛、その他に石碑がいくつかあります。
これは樺島石梁の「床島堰」碑文

*****

樺島石梁の「床島堰」碑文

明善堂教授:樺島石梁による碑文拡大画面:全文がなかなか読めませんが、堰の完成までの五庄屋の苦労などがしのばれます

境内には恵利堰についての碑文もあります。(調査中)

恵利堰碑文

*****

修復再建碑文

修復再建碑文

江戸時代中期(1700年代初))筑後川北岸一帯の地は美田であったものの水利に乏しく干害も甚だしく、宝永7年(1710)の旱魃に遭遇することで居民は離散するものが多く、村は年々疲弊していった。

当時の庄屋高山六右衛門を始め、秋山新左衛門、鹿毛甚左衛門、中垣清右衛門らは皆郷土を守り村民を救助せんとして、河北水道を開削することで灌漑の途を開こうと決意し、久留米藩府に嘆願して許可をうけ、藩府の命により、草野又六が指揮官として任に当たった。

まず、石堰を正徳2年(1712)正月21日をもって起工し、日に3500人の人夫を擁して、遮断と填築にかかったが、筑後川のこの一帯は名に負う奔流の地で、工事の様子を、当時の藩の家老は「勇壮にして活発、観る者の魂を奪われ、前代未聞の壮観なり」と激賞したほど、壮絶な、流れとの戦であった。

例年2月晦日ようやく石堰が成就した。そこには当時、水利の問題で筑前藩との争いがあったが、庄屋丸林善左衛門は身を呈して大堰完成に寄与していた事が後に判明した。

以後、新水道の開削等工事をなし、同年4月13日床島堰および新水道の竣工がなったものである。

こうした偉業は以後梁下万民が生命の恩士として崇敬するところとなり、古来、年々歳々、村民集いて、先人への謝恩を表し、露天にて祭典を営んできたが、関係諸町村民(現2市2町)がこれを遺憾として、神殿に祭祀すべく彰徳会を組織し、時の政府に請願してきた。大正5年、この偉業は時の天皇にも追賞せらるるところとなり、同14年11月29日、当時、村社天満神社、無格社水神社と合祀することで大堰神社に祭祀されたものである。
以来70有余年、大堰神社は氏子、崇敬者により赤誠の念厚く護持されてきたが、今度の国営最終事業の中で、用水路が境内地の直下を通る事となり氏子及び関係者に協力の要請があった。去る平成3年の台風により社殿の損害を受けた事も勘案し、この事業に積極的に協力する事に致し、ここに社殿総てを解体するに至った。

修復に当たって、歴史ある資材は出来るだけ使用し、忠実に復元したものである。
尚、狛犬、撫牛も同時に再建造することで崇敬の念を新たにし、地域の興隆と平穏無事を祈願するものである。

本当は水路は”ほぼまっすぐ”です。
神社傍の水路の画像をつなぎましたが、本当は水路は”ほぼまっすぐ”です。

水路1水路2

筑後川までのまっすぐな水路、約7~8km。
途中、暗渠で下をくぐったり、なかなか尋常な工事ではなかったと思われます。

筑後川からの取水口
筑後川からの接点(取水口)部分。

home