北野天幡宮

御祭神(祭神)菅原道真公神

由緒

北野天満宮は、菅原道真公を祀った神社で、
その創立は天喜2年(1054年)御冷泉天皇の御観夢により当地を選び、
関白藤原道隆の孫貞仙僧上に勅して、宝殿九間に五間の社殿を造営され、
社殿の廻りには、75ヶ所の末社と28ヶ所の社寺家があり、
領田は一千町歩に及び、京都北野天満宮の代官所として華麗を誇った。

その後源平の争乱で社殿は破壊されたが、源頼義、頼朝が社殿を寄進し
足利義満の代になると筑後一円を荘園として認められ、
この地方の人には年貢、兵役、人夫等の課税を免ぜられる。

戦国時代、兵火に見まわれ社殿は全焼したが
永正5年山本郡吉永の城主藤原重永によって再建された。
その後天承15年、豊臣秀吉、九州征伐の時、一時社領は没収されたが、
承応3年(1654年)久留米藩第二代目藩主、有馬忠頼(瓊林公)が社殿を改築し、
明和年間、楼門が潤色され池や橋の造営により、今日の天満宮の景観ができた。
以来、学業成就並びに「ひきつけ」封じの祈願所として近郷からの参詣者が絶えなかった。

現在、神社の境内には、樹齢900年の大楠(天然記念物)が茂り、
慶長鳥居(県文化財)が古色蒼然たる趣を添え、
江戸時代に寄進された、撫牛、燈籠、鳥居、狛犬等立並び、信仰厚かった往時が偲ばれる。

又、鰐口、天神縁起三巻(県文化財)及び、足利義満将軍の御教書を始め、
南北朝時代-江戸時代中期の古文書、御陽成天皇の御真筆書画等、現在保存されている。
毎年執り行われる10月の御神幸祭の行列(県文化財)は古い伝統を誇り人のよく知るところである。

丁丑(平成9年)丁未月
楼門横の説明板による

home