城島の和傘

慶長6年(1601)江上村山王社の宮司が、
禄高僅少のために、生計のたしとして副業に始めたのが起こりで、
その後次第に付近に伝習拡大された。傘の製造業の中心は江上村だった。
和傘は結婚式の引き出物として贈ることが一般化していた。
また、子供が学校にあがるときは名前を入れた傘の注文が多かった。
その後、洋傘が出現すると次第に衰退した。
主に番傘と蛇の目傘を造ったが、注文により日傘なども造られていた。
販路は、郡内、九州一円、中国方面までも拡がっていた。
町内の和傘は大川のポッポ汽車を利用して送られ、
主に久留米の傘問屋龍頭商店や三本松町の中川源兵衛問屋に送られた。