鬼瓦

城島町での瓦づくりは、原料の粘土に恵まれ、筑後川の水利があることなどから、約400年の歴史があります。文献に「関が原の戦後、丹波の国より有馬公が瓦工を伴いて、筑後に封ぜられてより瓦業興る」と語り伝えられるように、江戸時代に有馬公が城島に伝えたものとされています。

城島ば西日本でも有数の瓦産地製法~出荷までの図解

何百年もの風雨に耐える耐久性はもとより、いぶし銀に光る優美さが特徴の城島瓦(県知事指定特産品)は、全国に広く知られています。また、屋根瓦だけでなく芸術性の高い鬼瓦なども生産され、西日本でも有数の瓦の産地として知られています。

製法→出荷まで

  1. クラッシャー:原土を切り刻みながら、細かくして粘土を作ります。
  2. 成形:切断機(プレス)にかけて、「荒地(あらじ)」を瓦の形に成形します。
  3. 高温焼成:充分に乾燥した「白地(しらじ)」をガス窯で790度から900度の火力で6~7時間焼き、火を止めて約16時間いぶします。
  4. 出荷:完成した瓦はトラックで瓦工場から各地域の組合を経由して全国各地の販売先まで運ばれます

これらのデータはすべて城島町広報課よりご提供いただいたものです

home