細川潤一顕彰碑

古城を偲ぶ歌 歌:三橋美智也

作曲家 細川潤一先生は、我がふるさと城島が生んだ大作曲家です。

本名は、淺川正躬(まさみ)。1913年(大正2年)福岡県生まれ。

(現 江上小学校)で学んだ後、旧制 三潴中学校(現、三潴高等学校)に進学されました。

昭和5年、三潴中学を卒業し、直ちに上京、作曲家への道をめざします。

電機学校(現 東京電機大学)で学ばれましたが、同郷の古賀政男((大川市)から刺激をうけるなど、音楽への憧れを忘れられず、独学でギターと作曲を勉強されました。
1936年(昭和11年)にはキングレコードの専属作曲家となり、
数々の名曲を生み出しながら、二千曲にも及ぶ作曲を手がけられました。

代表作に、
「母子船頭唄」「マロニエの木陰」「おさけと花と地蔵さんと」「古城」「東村山音頭」「祝賀の舞」などがあります。
昭和24年に作曲された「久留米小唄」(作詞:南戸絃二、唄:野崎整子)は「くるめ くーるめ よかね、くるーめーはよかですね」の部分が今でも耳に残るほど、良く歌われていました。

1991年(平成3年)78歳でお亡くなりになりました。

細川潤一顕彰会2005年(平成17年)2月吉日
碑の説明板より引用

また、地元だけでなく各地の学校校歌を作曲されているようです。合併による変更などもあるようで、場合によっては校歌が新しく変わることもあるかも・・。

福岡県
大溝小学校 作詞:松永伍一  
青木小学校 作詞:豊後俊一
大木町立大木中学校 作詞:松永伍一
大川市立三又中学校 作詞:高田正人
三潴高等学校 作詞:中園友衛
三潴高等学校学生歌 作詞:松沢茂・・・確認ができず。
熊本県立松橋高等学校 作詞:島田馨也
千葉県立一宮商業高等学校
埼玉県児玉郡上里町立上里東小学校 作詞:矢野亮
山梨県
北巨摩郡双葉町立双葉東小学校 作詞:米山愛紫
中巨摩郡竜王町立竜王小学校 作詞:米山愛紫
中巨摩郡田富町立(現在・中央市)田富小学校 作詞:松沢茂・・・確認ができず。
北海道
利尻郡利尻富士町立利尻小学校 作詞:時雨音羽
利尻郡利尻富士町立鴛泊小学校 作詞:時雨音羽

キングレコード専属作曲家 本名:淺川正躬(あさかわまさみ) 城島町出身。

1番

くるめくるめよかね くるめはよかですね
かすむ菜の花 色よいさくら
蝶も来て舞う 筑後の水は
うかれボートで 気もそぞろ気もそぞろ
ほんにくるめはよかですね

2番

くるめくるめよかね くるめはよかですね
うれしせのした 水天宮の
花火七色 おとめの夢は
青いほたるを 手に秘める手に秘める
ほんにくるめはよかですね

3番

くるめくるめよかね くるめはよかですね
ゴムの名どころ 南のかほり
とけてながれて はだ良くのびて
そえば はなれぬ 品のよさ品のよさ
ほんにくるめはよかですね

4番

くるめくるめよかね くるめはよかですね
風は海から 日は高良から
ハゼがもえたつ いなほがゆれる
ないて日よりの かちがらすかちがらす
ほんにくるめはよかですね

「昨今の若者が敬老の念に欠けていることを残念に思う」

(「福岡県人名禄」1988年、西日本新聞社刊による)

2015年5月末、「なち」さんに教えていただき、ネットで見つけたことを追加しました。

home