福岡護国神社で出会った書

山本五十六氏の手紙

日米開戦前、知人に宛てた手紙だと思われます。(複製らしいが確認していません)

山本五十六の手紙

拝啓

益々御清健、このたびは浦波号にて南洋を御視察相成候よし奉多謝。

世上、机上の空論を以て国政を弄ぶの際、躬行以て自説に忠ならむとの真摯なる御心掛けには敬意を表候。
但し海に山本在り以って御安心などは迷惑千万にて小生は単に小敵たりとも侮らず大敵たりとも懼れず
聖論と奉じて日夜孜々と実力の練成に精進致し居るに過ぎず、
恃む處惨として驕らざる十萬将兵の誠忠のみに有之候、
併し日米開戦に至らば我がめざすところ素よりグアム比律賓(フィリピン)にあらず、
将又布哇(ハワイ)桑港(サンフランシスコ)にあらず、
実に華府(ワシントン)街頭白亜館(ホワイトハウス)との盟ならざるべからず
尚〔ここの一字だけ不明〕方政家果して此本腰の覚悟と自信ありや

祈御自重 真々不具
一月七日 山本五十六

昭和16年(1941)1月7日に書かれた南洋開発事業にあたっていた在京実業人に宛てた手紙です
(同年12月8日が真珠湾攻撃)

郷土研究会員のご助力をいただきました。 ある方からのメールで、上記の手紙は同じ物が複数存在していることを知りました。山本五十六は、戦後生まれの世代にも人気があったほどなので、複製された手紙を所蔵されている方もあるようです。ちなみにこの神社所蔵のものも複製と聞きました。

*********************

1943年(昭和18年)4月18日ラバウルの基地を飛び立った山本五十六はブーゲンビル島近くで米戦闘機に撃墜される。
同年5月21日に戦死が公表され、6月5日に日比谷公園内で国葬。

毎年、終戦記念日が近くなると、戦争関係の書物が発刊され、山本五十六氏に関した書物も書店に並んでいます。彼は越後出身でポーカーが得意なアメリカ通の将軍です。当時のアメリカと日本の国力・工業生産力の違いも把握でき、戦えば負けると分かっていたから、戦前は開戦反対、阻止の立場で海軍大臣と共に行動するが、海軍高官という立場で、外部の人に真意を述べることはできなかったようです。

(越後長岡藩は、幕末戊辰戦争で奥羽越列藩同盟側について官軍に敗北したためか、
明治維新後も、国の要職に付く人は少なかったようです。)

*********************

参考:太刀洗飛行場

*******************************************************************************

戦死した叔父について

叔父は浮羽工業高校から大阪の工業学校(大阪工大の前身)へ進学、終戦の前年、教職を辞して、志願して軍隊に入り、気象予報官となり、フィリピン、クラーク飛行場の守備隊に配属され、数ヶ月間、食料物資等の補給困難な中、圧倒的なアメリカ軍の攻撃で所属部隊は全滅(4/24)。叔父の正確な命日も不明。享年24歳。
(両親と幼くして死別した祖父は、自身の健康面に不安があり、4人の兄弟姉妹(女・男・女・男)長男であった叔父に、残った家族の面倒をみるために、収入の道を早く確保できる工業高校へ進学をすすめました。)

ギター演奏を好んでいた叔父は希望を抑えて浮羽工業の近くで下宿生活を送り、(この頃友人と満州ヘ渡ることも考えたようだが親の反対で中止)大阪の工業学校で勉学を続けた後、鹿児島県内の工業高校へ教師となって赴任、数年を過ごすが、戦争末期には、「志願しなければ召集されて危険な前線に派遣される」といううわさもあったらしく、職を辞して入隊、気象予報官の訓練を受けた後、部隊に配属されました。戦地へ出発前、一時帰宅した叔父は既に敗戦を予感していた様子ですが、戦争について何か語り残した様子はありません。この後、父が用意した刀も家に残し、出発前に鹿児島の基地で会う最後の機会にも面会に行けず、残念だったと母達からも聞いていました。

戦後復興期には工業関係の技術や人材の需要は大きかったので、生き残って力を出し切れずに亡くなったのだと考えると非常に残念です。・・・同じような事例は過去~現在に至るまで世界各地にあるのではないでしょうか。

「我々はどこから来たのか、どこへ行くのか(画家ゴーギャンの作品の題名)」この言葉が浮かびます。

*********************

叔母の付添で式典に参加しましたが、戦没者の多くは当時20代の未婚者だったので、現在では、その親兄弟の方たちの高齢化で参加者が減少する一方、甥姪にあたる人の参加が増えていると知りました。

個人的なことをサイトに上げるのは控えたいのですが、母の生前に聴かされていた叔父の経歴等を整理し、当時の若者がどのような生活をしていたのか、何を感じ、考えながら兵隊となって死んでいったのか、機会を見つけて辿らなければと思います。

home

*********************