苗木発祥地の碑

田主丸町殖木(ふえき)諏訪神社

碑銘文

全国植木苗木の三大生産地として有名な我田主丸その名も殖木。その栄光を伝統三百年の血と汗で培ってきた先達者達の足跡を今さらに偲び、そして国土を支えながら我ら子孫を今日あらしめた不滅の業績をここに仰ぐ

思えば元禄年間太平の項、封建治世の重圧から開放されようとして人々はせめてもの美と潤いを土に求めた皐月つつじの愛育もやがて江戸から地方へと伝播する。

折から第三紀層壊土の肥えた地味で育苗植樹に最適の郷土に着目した我祖先たちが楮桐松桧葉蜜柑牡丹苗など細々と営む育苗の中に初めて躑躅を採り入れたという。

いかにも幕府の政策にあえぐ藩政と天災人災にさいなまれる農民が生きんがために選んだ副業生産の活路でもあった。

この浮羽地にあって伊吉ハゼ苗は諏訪村苗圃の声価を高め、遠く美濃国から持ち帰った桑苗「九紋竜」は近郷注目の的となった。けれども景気と不景気との需要のアンバランスといかに多難な長い路線だったことか、その間あるいは組合や研究会を組織して共同研鑽を怠らず

明治初年の業者十余名が20年には30余名となり、同43年から諏訪神社境内に開かれた3日3晩の群集歓喜のるつぼと化した皐月つつじの大会であったが、昭和の大戦にあえなく閉幕、すべて食糧増産に切り替えられねばならなかった。しかし、すでに明治初年に諏訪村、明石田村を併せて植木村と呼び、やがて殖木と改めた地名の中にさえ先覚者たちの遠大なる抱負と誇りは脈打っていたのである。 かくて良く家職を守り果樹苗木植木花弁盆栽と飛躍の一途に培ってきた精進と根性こそは終戦後今日に及ぶ経済成長と農業構造改善事業を基盤とする好景気の恵みに浴する機縁ともなった。

重ねて思う、今や全国にそして国外にまで聞こえた苗木と植木の大生産地たる面目にかけてその発祥の地たる我郷土殖木の名誉を思いしからしめた先輩弱斗の歴史に感謝し、団結もって稼業を守り社会国家の福祉に寄与せんことを誓う。

**********

由来表

元禄年間 僅かな苗木栽培の中に皐月躑躅の愛育始まる

寛保2年
耳納山麓にハゼの植樹盛んとなる
文化4年
今村春左衛門弟喜助 植木盆栽を作る
天保4年
秋山勘九郎が諏訪組大庄屋となり新品種伊吉ハゼの増殖を奨励
文久2年
今村熊作有馬藩の目付役井上利平に随行して美濃国大垣へハゼの接木伝授のため出張、桑「九紋龍」の穂木を持ち帰る
慶応2年
草場次八、二宮庄助実生による桑台木大量生産に成功する
明治8年
諏訪村と明石田村を併せて殖木村となる
明治20年
栗木市太郎、山口県萩の夏蜜柑穂木を得て接木をひろめる
明治21年
諏訪苗木合資会社を創立、社長重富虎次郎他23名、柑橘苗見本園を作る
明治22年
町村制施工により殖木村を水分村大字殖木となる
明治31年
今村米吉、和歌山県よりワシントンネーブルの穂木を入手、苗木を入手、苗木を生産
明治36年
筑後軌道開通、太田耕次郎社長、植木駅に貨車専用引込線ができ、苗木輸送は特に便利となる。よって当地方の苗木はすべて当駅より発送された
明治40年
業者隣村にひろまり浮羽郡苗木同業組合を設立、事務所を殖木駅前に置く、菊竹博之、初代組合長となる
明治42年
諏訪青壮年 苗木改良研究会を組織し育苗の研究に努む。
明治43年
皐月躑躅品評会及び即売会を当諏訪神社境内にて始める。にわか・ツツジ餅などで賑わう。会長重富豊治外20余名、後に郡農会主催となり名声高まる。
大正2年
筑後種苗株式会社創立。社長太田勤、埼玉、愛知方面との交流盛んとなる。
浮羽郡9か町村の苗木生産額は24万1500円。そのうち水分村は最高の9万4700円にて全額の41%
栗木桂太郎、初めて殖木における植木、苗木の期限を探求し記録をなす
大正4年
諏訪愛苗会発足。今村林蔵外43名、薬剤調製所を神社境内に設置後、植物検査所建設により国道筋に移転す
大正14年
浮羽郡苗木同業組合事務所は田主丸栄町に移転。販路鮮満にひろまる。
昭和4年
植木苗木交換会、殖木の地に始まる。今村常吉、野村仁三郎外35名
昭和7年
久大線全通により植木苗木の輸送至便となり声価ますます全国にひろまる。
昭和12年
日華事変起こり大東亜戦となり戦局多難稼業を棄て、食糧増産に挺身
昭和20年
終戦後海外引揚者の入植、山地の開拓その他果樹栽培ブームを生み、経済成長による庭園の隆昌は植木生産に一黄金時代をもたらす。
昭和23年
業者隣郡にひろまり、福岡県苗木農業協同組合と改称、今日に至る。
昭和36年
町内業者植木苗木交換会を町役場前庭に開く。年々盛況を極め、昭和39年 久大線田主丸駅前に移す。
昭和44年
田主丸植木苗木園芸組合と改称

昭和45年5月 田中幸夫撰 今村富太書

諏訪神社境内に立つ碑ですが、由来表は読みにくくなっています。

home