宗岳寺

「羽犬塚」の町名由来

宗岳寺所在地:

筑後市(209号線沿、羽犬塚小学校傍)

地蔵尊の幟がたくさん立ち並び、境内は小ぶりながら、
きちんと清掃、整備されています。
活動も盛んなようで取材当日も催しがあり、
多くの方々の姿を見受けました。

**********

六地蔵

左写真

  • 右:犬の塚
  • 左:秀吉寄贈の六地蔵

もと、この地を葛野(くずの)といった。(延喜五年の延喜式駅馬の条)。

天正15年(1587)豊臣秀吉九州進軍の折この地に来て羽のある犬が居て死んだ。それをこの地に埋めて塚(墓)を建てた。これを羽犬塚と称した。この羽犬塚を地名とした。

根拠

1.羽犬塚六所権現縁起 元禄15年(1702)?天正文禄の頃、関白秀吉公薩州下向の時羽ある犬を召され給う。この犬?に死別宿町の傍に塚を築く。これより羽犬塚町名付と云う。

(注)?部分:漢字1文字(「釆」の下に「友」)

2.筑後誌 安永6年(1777)羽犬塚里老伝へ云う。往昔両翼の犬隠れ住んで往来の人馬を害す。秀吉公九州征伐の時、狩してこれを殺し此所に埋めて石碑を建て羽犬塚と号す。後年、民家を建て駅所となる。

愛犬説と暴犬説がある

  • (1)の愛犬説は賢い犬が居て人々から可愛がられ惜しまれて葬った。
  • (2)は暴犬説で人畜に害を与え世をあげてふるいあがらせた。

当寺(宗岳寺)境内に高さ3m位の五輪之塔の大きな基石が建てられて、いかにも犬の墓としては堂々としたものである。どのように考えても悪いことをした犬の墓とは思われない。町名の起こりを伝える大切な犬の墓として郷土の誇りを伝える愛犬の墓として保存しよう。

六地蔵尊の由来について

犬の塚の横にまつられている六地蔵尊は豊臣秀吉公が当寺に来たときに寄進したものです。(筑後秘鑑による)

昭和50年8月5日 宗岳寺護持会

(以上、境内の説明板を転記させていただきました。)

home