水田天満宮

筑後市水田

大鳥居

境内

さざれ石

「さざれ石」

この石は、国歌に歌われている「さざれ石」です。岐阜県揖斐郡春日村に産出する珍しい石で、学名を石灰質角礫岩といい、石灰岩が長い年月の間雨水に溶けて鍾乳石と同質の粘液が次第に小石を凝結して、だんだん巨岩となり苔むしたものであります。

巨大な石は、高さ4mで120tにおよび岐阜県の天然記念物に指定されています。

日本の国は、このさざれ石の様に、小さい石が積もり積もって大きな石になり、なおその上に苔が生える様に千年も万年も永く永く栄えます様に、と歌われています。

御本殿再建竣工記念
水田天満宮
平成7年十月吉日

また8月に行われる千灯明祭は帆立貝に菜種油を入れた千個の灯明で楼門をつくり、豊作や家内安全を願う夏祭りが行われます。

天満宮境内には末社「恋木神社」があります。縁結びの神様として若い人たちにも人気があります。

home