豊田 勝秋

1897年(明30)9月24日-1972(昭和47)4月22日(74歳)

1882年(明15)坂本繁二郎・青木繁が生まれる

1897年(明30)9月24日、福岡県久留米市に生まれる
1915年(大4) 福岡県立中学明善校を卒業。同級生に古賀春江。東京美術学校鋳造科入学。
1920年(大9) 東京美術学校鋳造科卒業、研究科に進む
1923年(大12)同科研究科を修了。 東京高等工芸学校金属工芸科嘱託。翌年助教授
1926年(大15)6月、高村豊周らと工芸家団体「无型」、「日本工芸美術会」の結成に参加
1927年(昭2) 帝展第四部(工芸)発足より入選
以後、帝展、文展、日展に発表
1928年(昭3)大礼記念賞を授与される
1930年(昭6)第11回帝展特選
「鋳銅花器」(石橋美術館蔵)
1935年(昭8)第13回帝展特選
1935年(昭10)「実在工芸美術会」の結成に参加
1936年(昭11)第23回商工省工芸展に入賞、2等賞受賞
宮川千幹女子像(柳川市婦人会館)建立
1937年(昭12)第1回文部省美術展の無鑑査となる
1938年(昭13)-1942(昭17)東京高等工芸学校教授
1940年(昭15)柳川三橋町藤吉に竹田巳三郎像建立
柳川市西浜武に田中弥十郎像を建立
1941年(昭16)第4回文部省美術展、工芸品輸出振興展の審査員を委嘱される
1942年(昭17)久留米に帰郷して、郷里の工芸の振興と教育に尽力
2月、株式会社旭製鋼所専務取締役に就任
1948年(昭23)筑後市に株式会社赤坂陶園を設立、取締役となる。陶器を制作
1949年(昭24)-1952(昭27)通産省技術庁工芸指導所九州支所長
福岡県美術協会副会長となり、常任理事を兼務、福岡県展工芸部審査員となる
1953年(昭28)福岡県文化財専門委員を委嘱される
4月 久留米連合文化副会長となる
文化面に於ける市功労者として久留米市より表彰を受ける
佐賀大学教育学部教授に任ぜられる
宗像警部(宗像小平太)像を建立
1954年(昭29)-1963(昭38)佐賀大学教育学部教授
財団法人久留米絣技術保存会理事となる
1957年(昭32)財団法人久留米絣技術保存会顧問となる
福岡県社会教育功労者として表彰を受ける
1958年(昭33) 溝口喜六像(久留米大学医学部前に設置)を制作
1965年(昭40)鹿児島女子短期大学教授
1968年(昭43)九州沖縄文化協会理事。福岡県工芸美術作家協会会長
久留米連合文化会会長。県立明善高等学校同窓会々長
真木和泉像(水天宮境内)  久留米城巽櫓跡の青木繁歌碑の肖像レリーフ
1969年(昭44)11月3日 西日本文化賞を授与される
1970年(昭45)11月3日 勲4等旭日小綬章を授与される
1971年(昭46)久留米市鳥類センターに「小鳥の泉」設置(9回帝展出品の「鋳造花器」が原型)
1972年(昭47)4月22日、東京都小平市昭和病院にて没(享年74) 

主要作品

  • 『 鋳銅花器 』(昭和6年帝展特選、石橋美術館蔵)
  • 『 四方花挿』(昭和14年文展審査員出品、京都国立近代美術館蔵)
  • 『 広間用花挿』(昭和16年文展出品、京都国立近代美術館蔵)
  • 『 鋳銅壷』 (昭和33年日展出品、京都国立近代美術館蔵)
  • 『 鋳銅筒形花器 』 (昭和35年日展出品、福岡県文化会館美術館蔵)

home