古賀 春江(こが はるえ)

古賀春江「明善校90年史」

1895年(明治28年)6月18日-1933年(昭和8年)9月10日38歳没。

1895年(明28)久留米市寺町・浄土宗の寺・善福寺の住職(古賀正順)長男として生まれる。
幼名亀雄(よしお)。 明善中学を中退
1912年(大01) 上京
1913年(大02)「日本水彩画研究所」に入り石井柏亭に師事
1915年(大04) 一時帰郷、僧籍に入る
1916年(大05) 宗教大学(現・大正大学)の聴講生となる。父死去。結婚する
1917年(大06)
二科展で「鶏小屋」が初入選
1919年(大08)
「考える女」東京国立近代美術館
1920年(大09) 太平洋画会研究所に所属。妻の死産で精神的ショックを受ける
「竹藪」(福岡県立美術館蔵)
「観音」(東京国立近代美術館蔵)
1922年(大11)美術団体「アクション」共同で創立
「埋葬」で二科賞受賞(福岡県立美術館蔵)
「母子」東京国立近代美術館
「物乞い」茨城県近代美術館
1924年(大13)
「卓上静物」茨城県近代美術館
「生誕」福岡市美術館
「将棋」東京国立近代美術館
「女」東京国立近代美術館
1925年(大14)
「庭先」東京国立近代美術館
1926年(大15)
「美しき展覧会」ブリヂストン美術館
「月花」東京国立近代美術館
1927年(昭02)神経衰弱の症状が現れる
「夏山」愛知県美術館
「窓」福岡県立美術館
1929年(昭04)
「鳥篭」(石橋美術館蔵)
「素朴な月夜」(石橋美術館蔵)
「漁夫」福岡県立美術館
「海」東京国立近代美術館
1930年(昭05) 二科会に入会
「窓外の化粧」神奈川県立近代美術館
「コンポジション」埼玉県立近代美術館
1931年(昭06) 川端康成と親交を持つ
「コドモノクニ」にイラストを発表(12月号から翌32年6月号まで)
1932年(昭07) 神経痛が高じ、強迫観念に襲われるようになる
「白い貝殻」ポーラ美術館
1933年(昭08) 8月に東京帝国大学医学部附属医院に入院、翌9月に死去
「深海の情景」大原美術館
「サーカス」神奈川県立近代美術館
石井柏亭の碑銘による墓碑。

画像は「明善校90年史」より転載しています

坂本繁二郎・青木繁は1882(明治15)年の生まれ

豊田勝秋:1897(明治30)~1972(昭和47)

制作年代の不明な所蔵作品リスト

東京国立近代美術館の所蔵作品

  • 『 風景 』
  • 『 静物(花)』
  • 『 花 』
  • 『 三人の女(花つみ)』
  • 『 婦人像 』
  • 『 裸像 』
  • 『 婦人像 』
  • 『 婦人坐像 』
  • 『 腰かける裸婦 』
  • 『 横臥裸婦 』
  • 『 農夫の家族 』
  • 『 縁側の女 』
  • 『 手をあぶる女 』
  • 『 植木鉢のある静物 』
  • 『 静物 』
  • 『 風景(街並)』

府中市美術館の所蔵作品

home