藤田吉香

1929-1999
  • 1929年、生まれる。父親は久留米青果市場の場長で、武士の家系に育ち、
    小さいころから厳しくしつけられ、「侍の子は・・・。」と言われ続けていたらしい
  • 1949年、松田諦昌について絵画の基礎を習得
    明善高校を出て、東京美術大学美学科を卒業
  • 1959年、第33回国展で国画賞受賞。
  • 1962年-66年、スペイン留学、サン・フェルナンド美術学校に学ぶ。
    美術館でボッシュの絵の模写に励む。
  • 1967年、第41回国展で国画会サントリー賞受賞
  • 1968年、昭和会展で優秀賞受賞
  • 1970年、「春木万華」で第13回安井賞を受賞
  • 1981年、「牡丹」で第一回宮本三郎記念賞
  • 1984年、久留米市文化賞受賞
    国画会会員。京都造形大学教授
    人気作家となり、朝日ジャーナルの表紙などにも載せられた。
    松田諦昌を終生の師と仰ぎ、その顕彰に努めた。

(参考)藤田吉香の作品(Yahoo)

home

戻る