有馬忠頼(ただより)(瓊林院)

2代

【慶長8年(1603)】1603-【承応4年】1655年3月20日。享年53歳

慶長8年(1603)丹波国福知山城に、豊氏の二男として出生。
母は徳川家康の養女連姫で、家康は、誕生を喜び、自ら吉法師と名づけた。
慶長18年(1613)10歳の時、将軍に謁して、殿上で加冠(元服)の式を挙げ、
従五位下、兵部少輔に叙任し、将軍・秀忠の一字を賜って忠郷と名のり、
(忠則とも称し、のち忠頼と改めた。)
寛永14年(1637)11月、まだ世子だったが、島原の乱が起こると直ちに出陣し、
後より来た父豊氏と共に久留米藩軍を指揮して功を立てた。

島原乱後、キリシタン取締りの幕府命令は出るが、極端な迫害は見られなかった。

*)「島原の乱」後の幕府隠密の話

寛永19年(1642)11月5日襲封。
寛永19年(1642)、高良山に『高良山縁起』を寄進、
大猷院殿廟を建立(徳川家光の霊を祀る)、御仏殿料百石を寄進した。
正保元年(1644)、異国船が長崎に入港し、長崎奉行からの出兵要請があり、
栗生弥右衛門を長崎奉行のもとに派遣して善処し、
翌年、海軍を起して住吉・榎津を基地とした。
正保4年(1647)、領内の本願寺西派全部(一向宗・真宗)に東派への転宗を命じ、
従わない者は追放するなどの厳しいこともしたが、
林羅山が推挙する菊池東匀(とういん:林羅山の高弟、米藩官学の祖)を
500石で久留米に聘し、藩士に儒学を教授させた(7年間)
これで、久留米藩の文教興隆の基を開いた。
慶安元年(1648)、高良山座主48世・玄逸は、
藩主有馬氏の忌諱にふれて出奔、血脈が断絶。(歴代座主墓:妙音寺跡
承応3年(1654)、「一の鳥居」とも呼ばれる高良大社石鳥居を建造。
(国指定重要文化財)・北野天満宮の社殿を改築

また、丹羽頼母を普請奉行として、治水・土木の事業をなした。

承応4年(1655)3月1日には領中法制書を出して治世の基範を示すなど藩治に心を用いた。
承応4年(1655)3月20日、参勤の途中、備前塩田浦沖の船中にて、
小姓組の兄弟二人に弑された。享年53歳。
墓は京町梅林寺。
堀江三義・岡村宇兵衛・猿木孫次郎・関七郎右衛門・石井勘十郎5人殉死。

参勤の途中、不慮の死を遂げた二代藩主忠頼の14年間(寛永19年~承応4年)の治世を、戸田乾吉はその著「久留米小史」に

「英傑の資を以って余烈を継承せられ、精神を治道に励まれ、能く官吏に委し。民政を重んじ、法令厳粛、財用豊富、文武の実行われ、政治の大綱張れり。惜哉、賊手に罹り、中道にて 薨ぜらる」と評している。

しかし、藩祖、父豊氏の戦国末期の櫛風沐雨の労を経験せず、春風駘蕩の幸せの中に成長したためか、性格に奔放にして己を押さえることの出来ない疳癖に近い激しいものがあって、臣下に死を賜うこともしばしばであった。小姓の兄弟二人のために不慮の死を遂げたのは、一にこの性格の禍であった。

「久留米小史」は忠頼弑殺の原因について、
「或書曰く、『公在国の時、大絵図を閲せられしに、児小姓某、其の側に在りて、絵図袴裾(はかまのすそ)に触れければ、公大いに怒り、某を柱に縛し、刀を以って其の股を傷けり。其家に帰りて久しく籠居し、疵の治療をせり。その兄も亦、近侍の士なれば、兄弟相語り、主君の残忍を憤り、間あらば鬱憤を晴さんことを誓えり。此時に至り、兄弟二人東覲の随従を命ぜらる、船中にて公朝浴の際、兄は盥盤(手水たらい)を捧げ、弟は手巾を持し、公は首を垂れて顔を洗はれしを、蜜に刀を抜きて、公の首を刎ね斬り、それを抱きて兄弟二人、海中に投ず。而して其の事を秘し、公は病死とし、兄弟二人は殉死と称せしかば、いささかの故障なかりき』と云ふ」と記している。

また稲次成令は「残夢雑録」に、
「ある人の説に瓊林院様忠頼公のとき、御手回りの者(炊事係)の買いおきたるサカナを猫来りて食ひつける故に、その猫を捕えてこなし(いじめる)ける。しかるに猫は御側室磯部氏の飼猫にて、これを聞かれければ、痛く手回りの者を恨まれたり。

ある日、その手回り御露地(庭園)に出て草をとりおりしに、その者醜男にて容貌悪しきこと限りなし。猫のことを遺恨に含まれおられし故に、悪しざまに公に申し上げければ、公大いに怒り、ただちに召捕られて、生きながら面の皮をはがされて殺されたり。

手廻りの弟は美男にて手寄りを求め、磯部氏に奉仕して、ついに御近侍に進み、いかにもして兄の恨を晴さんと思いにし、公東覲(江戸参勤)のおり、船中にて凶行に及べり」
と書き留めている。

参勤の途上、近臣に殺害されるというのは、御家断絶物である。
この米藩存亡の一大危機の場合、この事件を秘し、敏速に善後処理を講じた人物は、同船でお伴していた国老、岸刑部だった。

急を聞いて迎えに来た国老二人に護られて久留米城に帰った柩は、4月2日、梅林寺に葬られた。
主君の跡を追うて堀江三義・岡村宇兵衛・猿木孫次郎・関七郎右衛門・石井勘十郎の五人は殉死。

*)忠頼の時代

・久留米市史

・久留米人物誌(篠原正一)

・久留米小史(戸田乾吉)

・筑後久留米有馬藩歴史之旅(篠原盛義)
・三潴町史

home

構成・製作:kurumenmon.com