稲次因幡正誠

活躍(概略)

稲次因幡公彰徳

享保13年(1728)8月、生葉、竹野、山本、三郡の農民は藩の重税に堪えず、減税運動の一揆を起こした。総勢5700余人が凶器を持ち、善導寺に集まり御井町まで押寄せた。

27才の若年家老、稲次因幡正誠は単身主謀者と会見して、

  1. 1)農民の要求に応ずる。
  2. 2)以後の税は一割一歩減税。
  3. 3)主謀者の処刑はしない。

という約束の下に解散させて農民の苦しみを救った。

喜んだのは農民だったが、
家老仲間の不満、藩公の怒りは後年藩主襲封の問題とからんで津古の庄屋・斉田氏宅に幽閉させられ3000石の家老から十人扶持の士となり、2年後没した。
行年35歳。罪ある身だったので、この墓地に葬った。

後年、久留米に五穀神社が建立されるにあたり、公の霊を合祀して永く農民の神として仰ぐことにした。

昭和50年2月
小郡市教育委員会
小郡市郷土史研究会
霊鷲寺にある稲次因幡墓前の解説板

home