大乗院稲荷神社

大乗院稲荷神社

由来

徳川家康公が江戸に幕府を開いてから19年の後(1622年)、
有馬豊氏公が丹波の国福知山より、久留米の地に入られたとき大乗院稲荷神社も丹波の国から遷された。

場所は、現在のブリヂストン久留米工場敷地内(久留米城址南町)だった。

正和4年(1647年)2代藩主・忠頼公の時代に、篠山城内二の丸で祀られていた「日吉神社」が、現在の日吉町に遷された。

その時、「大乗院稲荷神社」も一緒にお遷しされたが、
寛保2年(1742年)篠山城内二の丸の御殿内(現在のブリヂストン久留米工場敷地内)の南町に再興された。

この再興は、改築されたものか日吉神社からご分霊されたものか定かではない。

昭和の時代に入ると稲荷神社は、篠山神社の境内にご分霊され大乗院稲荷神社は次の3柱となった。

ブリヂストン久留米工場内に建立されていた大乗院稲荷神社は、
ブリヂストンの会社設立以来、ブリヂストン久留米工場の歴代工場長の手により、初午祭月次祭などを執り行ってきた。

この由緒あるブリヂストン久留米工場内の「大乗院稲荷神社」を平成13年(2001年)に「地域の方々とともにお祀りしてゆくことが、地域のためにもなる」との考えから、現在のこの場所(けやき通り、篠山城への道交差点近く)に遷され、地域の方々とともに大切にお祀りされているものである。

平成13年 株式会社ブリヂストン久留米工場

*)有馬藩2代目:有馬忠頼

戻る

home